#

アスベスト除去や解体工事なら株式会社ホームプランへ。アスベストの調査や除去、撤去・解体工事はお任せください。

  
サイトマップ
#
# #
#

アスベストが採取できる地域


健康被害へ影響があると発表されて今では使用が禁止されている国も多くなっているアスベスト
建造物材料、断熱材、保温材など他にも様々なジャンルで使用されていました。アスベストは地中から産出される繊維状ケイ酸塩鉱物でありますが、世界のどの地域で採取できるのでしょうか。

アスベスト輸出国

アスベストが採取できて輸出している国は、ロシア、カナダ、南アフリカ、などをはじめ、他にもギリシャ、ブラジル、中国、アメリカなどが挙げられます。その中でもロシアとカナダの輸出量は、2国で全体の約7割を締めるほどです。

しかし、健康被害に多大な影響がり、世界保健機関(WHO)は「業務上のアスベスト吸引に起因する肺癌と中皮腫、石綿症などの症状で毎年少なくとも9万人が死亡している」と警告しているほど恐れられている物質なのです。アスベスト問題として注目され、使用禁止としている国もあり、輸出国自体でも様々なアスベスト対策が施されたり規制が課せられています。

日本でも採取していた

ほとんどが輸入に頼っていましたが、日本各地に小規模な鉱山が存在しており昔は日本でも採取できていたのです。その中でも北海道富良野市の鉱山は1969年まで採掘されていました。第二次世界大戦の頃は、連合国による輸入制限がかけられたため、日本各地で鉱山開発が進められ、当時植民地であった朝鮮半島でも同様に開発が進められたのです。

戦後は輸出規制が緩和された影響もあり輸入量が増え年間約35トンまで増えています。アスベスト問題が一時的に話題となり、輸入も激減すると予想されていましたが、それでも年間約30トンもの量が輸入されました。それぐらいアスベストはあらゆるシーンで使用され需要があったということなのです。

日本の高度成長期を支えたとされるアスベストですが、アスベスト問題の影響もあり建物に使用されているアスベストの除去の動きが全国各地で見受けられます。破砕などによってアスベストが大気中に飛散する危険も伴います。

アスベストの除去、解体工事なら当社にお任せください。当社では、アスベスト除去作業として、「除去工法」と「封じ込め工法」の2パターンをご提供しています。お客様の安全、安心を確保しながら現場内、外への影響も十分に配慮し、徹底した作業をご提供いたします。

除去作業だけでなく、アスベスト処理まで専門業者としっかりと行います。事前にアスベスト調査を行い、見積もりや作業計画書などお客様のご要望に合わせて最適なご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。


  



#
#
  

  
#
 
フッター pagetop
 
アスベスト除去・解体工事プロ集団【株式会社ホームプラン】