#

アスベスト除去や解体工事なら株式会社ホームプランへ。アスベストの調査や除去、撤去・解体工事はお任せください。

  
サイトマップ
#
# #
#

耐火被覆工事にも使用されていた石綿


防音対策や断熱材など様々な用途で使用されていた石綿(アスベスト)は、日本の高度成長期に欠かせない存在でした。日本だけでなく世界でも活躍していましたが、人体の健康へ悪影響を及ぼすことが判明し、今では使用を禁止したり規制を設けている国が増えてきています。石綿は耐火性にも注目されており、当時の耐火被覆工事などにもよく利用されていたのです。

耐火被覆工事とは

建物の重要部分となる骨組み(梁・柱)を、断熱性・耐火性に優れた材料で被覆する工事のことです。
万が一建物で火災が発生し、骨組みの耐火性が弱ければ、鎮火するまでに建物が倒壊してしまうと更なる被害も考えられます。

耐火被覆工事は鎮火するまで建物の倒壊を防ぐことを目的としています。作業工程も様々ですが、月日が経てば老朽化し役目を果たさないことも考えられるのでメンテナンスも必要です。

代わりとなる耐火被覆材

耐火被覆材に使用されていた石綿ですが、健康被害への影響を考えて日本では1975年に石綿の吹き付けが使用禁止となりました。その代替として鉱物繊維のロックウールが多く利用されてきました。

しかし、ロックウールは吹き付けているだけなので、時とともに表面がポロポロと剥がれ落ちたり、ホコリが舞ったりもします。さらには見た目が石綿と似ていることもあり、悪いイメージを与えてしまうことも懸念されていたのです。もちろん今では見た目だけでなく、耐久性にもすぐれた素材も開発されています。

巻き付け工法もおすすめ

研究を重ねた結果、耐火被覆材吹き付け工法以外にも、骨組みに防火性シートを巻き付ける巻き付け工法も存在します。吹き付けだと地震の揺れや建物のゆがみにより表面が剥がれ落ちてしまうことも考えられますが、巻き付け工法はその確率が限りなく低くなるのです。

また、吹き付け工法だとホコリなども舞うため、施工中は施設を閉鎖することも考えられますが、巻き付け工法だと作業箇所や工程によっては施設の利用も止めずに改修が行えたり、工期を短期化できる可能性も考えられます。

耐火被覆工事業者をお探し方はお気軽に当社へご連絡ください。当社では耐火被覆工事の巻き付け工法をはじめ、他にも様々な工法をご提供しています。お客様のニーズやご予算など他にも様々なご要望にお応えできるよう最適な工法をご提案いたします。

また、建物によっては石綿除去工事から始めなくてはいけない場合もあります。石綿除去作業は、石綿が人体へ健康被害をもたらす成分が施設内だけでなく、外へも飛散する可能性も考えられます。

当社ではこれまで厳しい基準もクリアしたという作業経験を活かして、様々な石綿除去のご依頼にも対応しています。事前にアスベスト調査を行い見積もりや作業計画、料金など細かな打ち合わせを行いますので、安心して当社へお任せください。


  



#
#
  

  
#
 
フッター pagetop
 
アスベスト除去・解体工事プロ集団【株式会社ホームプラン】