#

アスベスト除去や解体工事なら株式会社ホームプランへ。アスベストの調査や除去、撤去・解体工事はお任せください。

  
サイトマップ
#
# #
#

アスベスト含有建材の確認方法


我が国では2004年10月1日からアスベストの使用が原則的に禁止となったため、その日以降の建材にはアスベストが含まれていません。しかし、それ以前に建てられた建造物にはアスベストを含有した建材が使用されている可能性があります。

仮にアスベストを含んだ建材を使用していた場合には、飛散・ばく露を防ぐためのアスベスト対策を講じなくてはなりません。そのため、2004年10月1日以前の建造物の解体やリフォームを行う際には、建材にアスベストが含まれているのかを確認する必要があります。こちらでは、アスベスト含有建材の確認方法をご紹介いたします。

アスベストマークの有無

多くの建材メーカーでは1989年からアスベスト含有率5%以上、1995年からは1%以上の製品に対してアスベストマークを自主的に表示しています。主に建材の裏側に表示がされていますので、「a」と明記されているアスベストマークの有無を確認してみましょう。

国土交通省ホームページへアクセス

国土交通省のホームページでは、「目で見るアスベスト建材」というガイドブックを閲覧することができます。各建材の実際の写真や使用部位が詳しく掲載されていますので一度アクセスしてみましょう。

施工業者、もしくは建材メーカーへの連絡

建材にアスベストが含有しているか確認したい場合は、施工業者に連絡するのも有効的な方法です。
その建造物を施工した業者であればどのような建材を使用したかわかると思いますので連絡をしてみましょう。あるいは、品番を調べて建材メーカーに確認するのも有効的な確認方法と言えます。

専門機関への依頼

建造物の年式が古い場合だとアスベストマークがなかったり、施工業者や建材メーカーがなくなっていることもあります。そのような時には専門機関へ依頼をして成分分析を行うことも可能です。

飛散・ばく露による健康被害を防ぐためには十分なアスベスト対策が求められますので、建造物の解体やリフォームを行う際にはアスベスト含有建材であるかをしっかり確認してから作業を行うことをおすすめします。

当社ではアスベストの除去・解体工事を行っています。当社は他社様に委託することなくアスベスト対策工事から復旧工事まで一貫して自社で対応していますので、スピーディーかつ安心・安全に作業を行います。料金費用に関する相談も承っていますので、アスベストの除去・解体工事なら当社にお任せください。


  



#
#
  

  
#
 
フッター pagetop
 
アスベスト除去・解体工事プロ集団【株式会社ホームプラン】